Skip to content

掲示板を利用して、普通にセフレゲットもできたんですけど

どうやら世間的に見れば、セフレを募集している人が掲示板を利用するのは正しいこととは言えないという意見も多いみたいですね。怒られるかもしれませんが、私自身は、出会い系サイトを利用してセフレを募集する際に、それほど苦労はしませんでした。
単純に運が良かったかもしれませんが、セフレを募集しているなら出会い系サイトを利用するのがいいという書き込みをネット上で見つけたので、あまり高望みをせずに、それこそダメでもともとくらいのつもりで出会い系サイトを利用し始めたのです。

私が出会い系サイトを利用し始めてすぐの頃、人妻と知り合いました。
実は最初の頃は、相手の女性がまさか人妻であるなんてことを知らなかったんです。
相手が人妻だからダメだということは無いですが、模試初めから相手が人妻だということを知っていたら、さすがに自分の年齢や、出会い系サイトを利用し始めてからの期間などを考えて、いきなり人妻に手を出すようなことはしなかったと思うんですよね。

私はまだ二十代の前半ですから、できることなら自分と同じ年くらいの女の子とお付き合いしたい、セフレを募集する場合にも、かなり条件は難しいかもしれないのですが、自分と同じくらいの若い女の子とお付き合いしたいという願望があったのです。
自分にとって「こういう出会いを実現させたい」というようなイメージが頭の中にあったので、そのイメージについて妥協するのではなくて、求める出会いを実現できるまでは焦らずにじっくりやろうと考えていたのです。

もともと私はせっかちなタイプでも高望みをするタイプでもありません。
ちなみに出会い系サイトを利用する際に、なかなか素敵な出会いのチャンスに恵まれずに損をするといわれるタイプは、せっかちな人と高望みをするタイプの人です。
これはひょっとすると覚えておいたほうがいいかもしれません。

話を戻しますが、私は自分が出会い系サイトを利用して知り合った女性が人妻だとは知らなかったのです。
こっちからは頼んでいないのに、自分の写メを送ってきてくれたりしたので、この人はひょっとするとサクラかもしれないというふうに警戒したことは事実ですが、自分のパートナーが人妻かもしれないという想像はなかなかできませんでした。

出会ったばかりの頃は「この人はサクラかもしれない、もしそうだったら諦めよう」と考えていましたが、実は女性のほうから積極的に、今度一緒に食事でも行きませんか?
というようなことを言われたので、「あれ? デートに誘ってくるということはひょっとしてサクラじゃないのかな?」というふうにも考えました。
でも、デートに誘ってくれたからといって相手の女性が絶対的に信用できる人だとは限りません。
最近は少し減ったのですが、美人局という可能性もまだ残っていたのです。
結局、食事をする当日まで私はかなり警戒していました。

でも、待ち合わせ場所に現れたのはごく普通の女性でした。
むしろ写真で見るより美人だったくらいです。
だから余計に戸惑ったんですけど、話しても別におかしいところはないし、さすがに私のほうが疑り深かっただけかとも思えてきたんです。

でも、いろいろと話していると、その人がどうやら人妻であることがわかったんです。
出会い系サイトを利用知り合ったときは大学生だと聞いていましたし、実際彼女は、見た感じでは大学生くらいに見えないこともなかったんです。
私が彼女の立場に気が付いたのも、単純に彼女がぼろを出したからで、彼女はどうやらばれるまでは大学生でごまかすつもりだったみたいです。
私が彼女に対して「結婚されてるんですか?」みたいなことを聞いたとき、彼女は慌てているように見えましたし、ごまかせないと思ったときにはがっかりしたみたいでした。

彼女が出会い系サイトを利用してセフレの募集を始めたきっかけは、自分より若い男性と思い切り楽しみたかったからです。
ところが、若い男性だったらやっぱり自分と同じ年くらいの若い女の子とお付き合いしたいだろうと考えたため、それでは人妻ということがばれるとセフレの募集が難しくなると判断し、大学生だと偽ることにしたそうです。
彼女の気持ちはなんとなくわかるのですが。

騙されたからというわけではないのですが、やっぱり僕としては元を取らせてほしいわけです。
直接的にエッチな言葉を使ったわけではないですが、これは取引みたいなもんですよね。
あきらめてあなたとお付き合いしますから、という言い方ではちょっと語弊があるかもしれませんが、セフレとしてお付き合いしてくださるんだったら別にいいですよという話をしました。

どうやら彼女は旦那さんとの関係があまりうまくいっていないようでした。
そういう理由で出会い系サイトを利用する人妻は、実際に多いのです。
出会い系サイトを利用して旦那とは別にセフレを探すということは、今のところは旦那と離婚するつもりなどは一切ないけれども、旦那とのセックスにはもう満足できないとか、あるいはもう長い子とセックスレスの状態だとか、いろいろと個人的な事情があるのです。

私はセフレとして彼女と関係を持ったので、彼女がどんな事情で出会い系サイトを利用しているのか、そういうことを詮索するつもりはありません。
言う必要のないことかもしれませんが、そういう個人的なことを詮索すると嫌われるのです。
出会い系サイトを利用してセフレの募集をし、ある女性とセフレとしての関係を持った場合、いろいろなことをいう人がいますが、やっぱりセフレの関係と恋人同士の関係というのは違うものだと私は思います。

個人的なことについてあれこれと詮索してはいけないのは、せふれであっても恋人同士であっても同じですが、セフレの場合はよりいっそう、そう言った個人的なことを詮索すべきではないと思いますね。
私はどっちにしろ、出会い系サイトを利用してセフレの募集をしていたわけで、あっさりと自分の目的を果たすことができて、本当にラッキーだったと思います。
確かに、出会い系サイト上の掲示板に書き込みをしてセフレを募集することは、リスクもあるかもしれません。
やはり一番気を付けるべきなのは、優良な出会い系サイトにも潜んでいる可能性のあるサクラの存在です。
だから私のように、知り合ったばかりの女性をすぐに信用しなかったのは正しい判断だと思います。