Skip to content

セックスのテクニックが磨かれる

実際、自分のセックステクニックを磨くためには、いろいろな女性とセックスするしかないですからね。男性が満足できるセックスと女性が満足できるセックスというのはやり方が全く違うため、いくら自分が頭の中で「理想のセックス」というものを思い浮かべたとしても、そのやり方で本当に女性を満足させられるセックスができるかどうかというのは分からないのです。

一番よくないのは、本当は女性を満足させられていないのに、女性がなんとなくセックスの時に喜んでいるように見えるから、相手の女性は満足してくれているんだ、自分に好意を持ってくれているんだというふうに勘違いをしてしまうことです。
基本的に女性は自分が思っていることをストレートに口に出していうことはしない生き物なので、セックスの際にも、なんらかの理由で「感じているフリ」をすることがあります。

例えば援助交際のパートナーとして付き合っている女性だったら、セックスという行為も男性に対するサービスなので、相手の男性を満足させるために(優越感を与えるために)本当はそれほど感じているわけではないのに、わざと感じている振りをすることがあります。

女性がセックスをする際に「感じているフリ」をする意図は様々ですが、ある女性向け雑誌のアンケートでは、セックスの際に「感じているフリをしたことがある」と答えた女性が何と六割程度にも上ります。これはある意味、世間の男性たちにとってはショッキングなデータではないでしょうか。

もちろん、女性がセックスの際に感じている振りをする動機は、相手の男性を立ててやろうという優しさから来ている場合が多いので、相手の男性に対して好意を持っているからこそ、セックスの際に感じている振りをするんだというふうに考えることも可能なのですが、実は、ぜんぜん満足できない相手といつまでもセックスをするのが面倒だから、早めに行った振りをして、もうこれ以上は無理だからと甘えてセックスを切り上げるという意図で感じている振りをしているという女性もいるのです。

やはり、感じているフリをさせているだけではだめなのです。本当に女性を満足させるセックスをするためには如何すればいいか、やはり女性とセックスしまくるしかないのですが、ただセックスをしまくるというだけではだめです。自分のセックスがいいか悪いかということをきちんと教えてくれる相手とセックスをしなければ意味がありません。

場合によっては男性がひどく傷つくということをわかっていながら、セックスがうまいか下手かということをはっきりジャッジしてくれる存在といえば、やはり人妻しかいないと私は思います。

SEXしてお金まで稼ぐ方法→逆援助アプリ 評判

若いころに恋愛を経験できなかったこと

私は人妻です、人妻ということで当然、旦那がいます。結婚したくてもできない人がたくさんいる世間の事情を考えると、私は結婚願望を持ってそれを実現することができたわけですから、十分な幸せ者だといえるかもしれません。

けれども私は、とてもじゃありませんが今の自分が満たされているというふうには思えません。結婚してからしばらくの間はしあわせでしたが、旦那と過ごす時間が長くなるにつれて、旦那との生活は、ひょっとすると私が望んでいるような幸せとは違うのではないかということに気づき始めました。

私が結婚したのは三十一の時ですが、はっきり言って、私はこのままでは結婚できないかもしれないというふうに、かなり焦っていたんです。女は若いころは誰だってそれなりにちやほやされますが、年を取るとちやほやされることもなくなります。
商品価値がなくなる前に(自分で言うのはすごく嫌なんですが)なんとか結婚相手を見つけたいと思って、でも私は普通に就職しておらず、写真家として自宅で仕事をすることが多いので、恐らく一般的な社会人よりもさらに男女の出会いのチャンスという意味では恵まれていないと思いました。だから婚活支援用のマッチングサイトを利用したんです。

そう言ったサイトを利用して、結果的には案外スムーズに結婚相手を見つけられた時は、こういうサイトをダメもとで利用してみて本当に良かったと思いました。けれどもすぐに、この結婚は私が望んでいたようなものではないということに気がついてしまいました。

共感してくれる人も多いと思いますが、いったん誰かと結婚した後で、「やっぱり結婚なんてするんじゃなかった」というふうに後悔するのってすごく嫌なんですよ。でも私はすごく後悔して、そもそもなんで私は、結婚したいと思っていて、結果として本当に結婚することができたのに、心が満たされないのか、その原因を真剣に考えることにしました。

そして一つ思い当たったのは、私の結婚は「婚活支援サイトを利用して相手を見つけた」という経緯があるので、結局のところ私自身は恋愛を経験していないのだということに気づき、そのことに私は不満を感じているのだというふうに結論付けました。

ALLジャンルの出会いが望めるレズの出会いもOKもオススメです!

セフレがほしくて出会い系サイトを利用し始めたのですが……

出会い系サイトを利用して出会いを求めるなら、真剣な恋人探しよりもセフレ探しのほうがやりやすいという話を聞いたので、私はあくまでセフレとの出会いというものを意識して出会い系サイトを利用し始めたんです。利用し始めてからまだ数か月ですし、どう考えてもセフレ探しよりも恋人探しのほうが難しいだろうというイメージがあったので、いきなりむつかしいことをするのではなく、まずは出会い系サイトの利用に慣れるという意味で、セフレとの出会いを意識して出会い系サイトを利用し始めたわけです。

けれどもどういうわけか、今の私には恋人がいます。相手の女性も「私たちの関係は恋人同士」というふうに認めてくれているので、たぶん私たちの関係は恋人同士の関係というふうに考えていいのだと思います。セフレがほしくて出会い系サイトを利用してみたわけですが、これはいい意味で誤算でしょう。恋人同士の関係を求めて結局は援助交際に落ち着いているとか、そういう話は出会い系サイトを利用しているとよく聞くのですが、私の場合はセフレを狙って恋人ですからけっこう嬉しい話です。

もちろん、出会い系サイトを利用する目的は人それぞれですので、別に出会い系サイトを利用して援助交際をしている人たちが悪いといっているわけではありません。援助交際という関係をよく思わない人は確かにいますが、大人同士の関係だったら、自分たちの関係は自分たちで責任が持てるものだと思うのです。

私がどうしてセフレがほしくて出会い系サイトを利用していたのかといえば、やっぱり欲求不満を感じた時にできる限りすぐにその不満を解消しあえるパートナーがほしかったからです。どうしても、セフレというのは恋人同士の関係に比べれば体のつながりが主で、心のつながりとか結婚を考えるような責任感とかそういうのは後になると思うんですよ。

確かに、セフレとの関係がどうしてやめられないのかということを考えた時に、セックスの相性がものすごくいいからだという人も多いでしょう。しかしながら、セックスの相性さえよければセフレとの関係が成立するというわけではないのです。非常にむつかしい問題ですが、そもそも女性は「好きではない男とは絶対にセックスしたくない」と考えるものなので、まずは素敵なセフレをゲットしようと思ったら、出会い系サイトを利用するのが一番の近道になることは確かなのですが、いくら出会い系サイトを利用してもよいセフレとの関係を築けるとは限りません。出会い系サイトを利用してもなかなか素敵な出会いをゲットできないと嘆く人はたくさんいますが、そういう人たちは結局のところ何がいけないのでしょう。

恋人の関係を求めるのであれセフレがほしいのであれ、男性の立場から見れば、とりあえず相手の女性に好かれなければ意味がありません。繰り返しますが、多くの女性は「好きな男が相手でなければセックスしたくない」と考えるものですから、まずは相手の女性に好かれなければセフレなんて関係を持つことはできないのです。

私の場合は結果的に、出会い系サイトを利用して知り合った女性と恋人同士の関係を持つことができたわけですが、そうなるまでに、いったい何が良かったのかというと、女性の気持ちをきちんと考えたことが良かったのだと思うのです。これも繰り返しになるかもしれませんが、どうしても男女の関係というものを考えた時、セフレの関係よりも恋人同士の関係のほうがレベルが高いのだとみなす人が大勢います。それは確かにその通りかもしれませんが、人によって考え方が違うのも当然です。

セフレの関係を下にみなしている人は、どうしても自分がセフレの関係を持った時に、相手の女性のことを見下してしまうものです。自分では見下しているつもりなどないという場合であっても、そういう気持ちは必ず相手の女性に伝わってしまうものなので、セフレとの関係をないがしろにしている男性は、当然のことながら女性には嫌われます。

私は、セフレを募集するつもりで出会い系サイトを利用し始めたわけですが、だからといって、相手の女性を軽く扱うようなことはしなかったつもりです。普通に恋人同士が接するようにしたつもりです。それが良かったのかもしれませんが、私が出会い系サイトを利用して知り合った女性がいったいどういうタイプだったのかというと、失恋を経験したばかりでなかなか新しい恋を始める勇気が持てないという女性だったんです。

確かに、自分が失恋をしたばっかりだと、新しい恋を始める勇気はなかなか出てこないものだと思います。それくらいのことだったら私も分かります。相手の女性が自分から話したくなれば話は別ですが、失恋を経験したという話を聞いたらその時点で、もう相手の過去をしつこく詮索するのは絶対にダメです。

よく、出会い系サイトを利用して真剣に恋人探しをしたいと考えている人ほど、相手の女性が失恋の経験者だということを知った瞬間に、ということは相手の女性は処女ではないのではないか、自分の他に男がいたということは、失恋をしたとかいっておきながら結局相手のことが忘れられないのではないかとか、いろいろなことを考えて嫉妬してしまうものです。だから、知り合ったばかりの女性にあれこれ質問攻めをしたりとかそういうこともあり得るわけですが、相手の過去をあれこれと検索すると、それは間違いなくトラブルのもとになりますので、やめたほうがいいです。

もちろん、相手の女性が自分から割と積極的に過去の恋愛について話したがるのであれば、あまりよけいな口を挟まずじっくりと聞いてあげたほうがいいのですが。失恋を経験したばかりだからなかなか新しい恋を始めることができないという人は、当然のことながら一人でいるのは寂しいんですよ。

今までずっと大切な人がいて、その人がとつぜんいなくなったわけですから、始めから一人で過ごしてきた人に比べても、感じる寂しさは大きくなるでしょう。相手の寂しさに漬け込むといったらなんとなくよくない感じですが、私が恋人をゲットできたのは、きっとそういうことなんだろうと思います。

彼女が寂しさを感じていた時に私がそばにいたから、彼女は私のことを好きになってくれたのだと思います。

人妻と若い男性の相性がいい理由はなんでしょうか

最初はメル友が何人かできたらいいなと思ってただけなんですけど、気が付いたら私は出会い系サイトを利用して不倫してしまっていました。
もうどっぷりはまってしまっているような感じです。
今でも時折、出会い系サイトというもの自体が「不倫サイト」と呼ばれることもあるみたいですが、私はまさにその目的でサイトを利用しているので、出会い系サイトというものがこんな名称で揶揄されるのもなんとなくわかります。
すべての会員のプロフィール欄をチェックしたわけではないですが、それでもやっぱり、出会い系サイトを利用して不倫をしている人妻って多いですよ。

プロフィール欄に「不倫希望」ということを書くと、こいつは淫乱だと思われたり(実際に淫乱な人妻も多いですが)セフレにもってこいだと思われ、全く意味のわからない男性会員からなめられるので、そういうのを防ぐために、自分が不倫を希望しているということを隠した状態で、不倫サイトなどではなく一般的によく知られた優良サイトなどで不倫をしたいと考える人妻も増えているようです。

私も不倫をもくろんでいますが、利用しているのは一般的によく知られた出会い系サイトで、特にそれが不倫のための専用サイトであるということもありません。
不倫の専門サイトも、出会い系サイトを利用し始めたばかりの頃はいくつかチェックしてみたのですが、どう考えても不倫サイトは悪徳なサイトであるように思えて、あまりいい人もいなさそうだったので、私は普通の出会い系サイトを利用して不倫をすることにしました。

不倫サイトが悪徳なものばかりだというのは、どうやら事実のようです。
試しに不倫サイトというキーワードをグーグルなどで検索してみると、不倫サイトというもの自体がヒットするよりも先に、不倫サイトというものは悪徳サイトばかりなので気を付けましょうといったような警告文が表示されます。
それを見た時、私は率直に、いま時の出会い系サイトの事情はこうなっているのかと思いました。
もちろんすべての不倫サイトを一人で確認できるわけがありませんが、あまりに悪徳なサイトが多いということで、私は不倫サイトというものを信用するのをやめました。
百個くらいチェックすれば一人くらいは優良なサイトが見つかるのかもしれませんが、そんな低い可能性に欠けるよりも、始めから優良なサイトを利用して出会いを求めたほうがいいのです。

それに、不倫サイトというものを利用して出会いを求めるなら、出会いの候補は必然的に「不倫を希望している男性だけ」ということになって、自分にとっての出会いの可能性がどうしても限定されてしまいますが、普通に出会い系サイトを利用して出会いを求めるなら、そこまで可能性が限定されるということもないのです。

私は優良なサイトを利用して出会いを求める際、自分が不倫を希望しているという事実を伏せていました。
不倫をしているからといって、それだけで差別されるのは嫌だったからです。
こいつは旦那を裏切ったとんでもない女だと思われると、それだけで素敵な出会いのチャンスを逃してしまうような気がしたのです。
実際、私は素敵な出会いのチャンスをゲットして、相手に素性を聞かれてごまかしきれなくなるまでは、自分が人妻であるということを黙っておこうと思いました。
くどいようですが、自分が人妻であり、人妻の癖に出会い系サイトを利用しているということで、色眼鏡で見られるのが嫌だったのです。

出会い系サイトを利用して、いろいろな出会いがありました。
私が出会い系サイトを利用し始めたきっかけは、もともと旦那の浮気が原因で、旦那のほうが先に私を裏切ったので、私としては復習してやろうというような心境でした。
そのようなネタを面白おかしく話すとそれだけで受けましたし、必要に応じて脚色したりしました。
旦那に対する罪悪感などは特にありません。
むしろ自分のほうが先に浮気をしたのだから、これくらいは当然のことだと思います。

素敵な出会いのチャンスをゲットするまでは自分が人妻であるということを隠しておいたほうがいいですが、いざ「この人はいい男」という人を見つけた時には、正直に自分が人妻であるということをカミングアウトするほうがいい場合もあります。
まず、私が自分の正体を隠したままでいるとあからさまに不機嫌になる人もいますし、そもそも相手が不倫をしている男性の場合は、こっちがわざわざ正体を隠す必要もありません。

そして、人妻であるということをカミングアウトして一番おいしいなと思ったのは、若い男性(大学生くらい)にちやほやされる機会が意外と増えたことです。
人妻なんて豊島だから相手にしていられない……とか思われてると思ったら、全然そんなことは無いんですね。
むしろ、人妻との出会いを求めて積極的に出会い系サイトを利用している子までいて、実際のところはこんな感じなのかと思いました。

若い男の子にとって、人妻は自分の欲求不満を解消させてくれる存在なのです。
必ずしも人妻のことを恋愛対象として見ているとは限りませんが、セックスの対象としてみてくれることは確実なので、セフレという関係を受け入れさえすれば、いつでも好きな時に欲求不満を解消できるパートナーが見つかるということになります。

若い男性にとって、人妻は欲求不満を解消させてくれる存在というのはどういうことか。
それは、若い男性が味わう苦悩に関係しているんですね。
若い女性ってみんな保守的で、潔癖症なんですよ。
だからお付き合いする男性を選ぶときは、恐ろしいほど高望みをします。
自分が年を取ってからなら、若いころは高望みをし過ぎていたとか、あの頃は本当に馬鹿だったというようなことにも気が付くのですが、若い時は自分がいい男を手に入れるので精いっぱいですので、ちょっと自分が行き過ぎている、勘違いをしているかもしれないということに気が付きません。

だから、若い男性が同じ年くらいの若い女性とお付き合いしようとしても、なかなかうまくいかない場合も多いんですね(もちろん、モテる男性はいくらでもいますよ)若者にとって男女の関係がうまくいくかどうかというのは結構重要なトピックですが、仮にうまくいかないからといって、それは必ずしも男性ばかりが悪いとは限らないんですよ。

それなのに、例えば自分が好きな女の子から振られてしまったからといって、まるで人生のすべてが否定されてしまったかのように落ち込む人がいます。
私も実際にそういう男性に出会ったことがあります。
失恋をするというのは誰にとってもつらいことです。
自分から積極的に別れを切り出そうとしていて、何か自分から言うより先に相手にふられてしまったというような特殊な場合を除けば、異性にふられてうれしいという人はいないでしょう。

失恋をすると、それまではそばにいたパートナーがいなくなるわけですから、寂しさもより一層感じるようになってしまいます。
だから若い男性であっても、慰めてくれるんだったら人妻でもいいやという気分になるのかもしれません。
出会い系サイトを利用して人妻と知り合ったという男性のうち、始めから人妻との出会いを目標にしていたという人ももちろんいるでしょうが、そういう人ばかりではないのです。

私が出会い系サイトを利用して知り合ったとある男性は、当時25歳でしたから、わたしより三つ年下ということになります。
これだけ若いんだったらまだ独身かなと思ったら、実は彼は既婚者(バツイチ)で、高校生の頃から付き合っていた彼女と同じ大学に進学し(ラブラブですね)無事に就職が決まったタイミングで結婚したのだということです。
22歳の時から結婚していたということで、すごく経験の浅いカップルではないかとも思われるのですが、でも本人たちの感覚では6年間の交際をしているわけなので、決して急いで結婚したという感覚はないそうです。

すごく仲の良いカップルなんだろうなとも思ったのですが、残念ながら二人は結婚後にすれ違いが目立ち、ぎすぎすした関係を修復できなくなったということでした。
そりゃあ寂しかったでしょう。
その寂しさを紛らわすために、彼は出会い系サイトを利用して私と知り合ったわけです。

非常にややこしいのですが、彼は厳密にはまだ離婚をしていないので、私と関係を持てば不倫をしているということになります。
でも、寂しさを紛らわしたいという気持ちのほうが勝ったみたいですね。

掲示板を利用して、普通にセフレゲットもできたんですけど

どうやら世間的に見れば、セフレを募集している人が掲示板を利用するのは正しいこととは言えないという意見も多いみたいですね。怒られるかもしれませんが、私自身は、出会い系サイトを利用してセフレを募集する際に、それほど苦労はしませんでした。
単純に運が良かったかもしれませんが、セフレを募集しているなら出会い系サイトを利用するのがいいという書き込みをネット上で見つけたので、あまり高望みをせずに、それこそダメでもともとくらいのつもりで出会い系サイトを利用し始めたのです。

私が出会い系サイトを利用し始めてすぐの頃、人妻と知り合いました。
実は最初の頃は、相手の女性がまさか人妻であるなんてことを知らなかったんです。
相手が人妻だからダメだということは無いですが、模試初めから相手が人妻だということを知っていたら、さすがに自分の年齢や、出会い系サイトを利用し始めてからの期間などを考えて、いきなり人妻に手を出すようなことはしなかったと思うんですよね。

私はまだ二十代の前半ですから、できることなら自分と同じ年くらいの女の子とお付き合いしたい、セフレを募集する場合にも、かなり条件は難しいかもしれないのですが、自分と同じくらいの若い女の子とお付き合いしたいという願望があったのです。
自分にとって「こういう出会いを実現させたい」というようなイメージが頭の中にあったので、そのイメージについて妥協するのではなくて、求める出会いを実現できるまでは焦らずにじっくりやろうと考えていたのです。

もともと私はせっかちなタイプでも高望みをするタイプでもありません。
ちなみに出会い系サイトを利用する際に、なかなか素敵な出会いのチャンスに恵まれずに損をするといわれるタイプは、せっかちな人と高望みをするタイプの人です。
これはひょっとすると覚えておいたほうがいいかもしれません。

話を戻しますが、私は自分が出会い系サイトを利用して知り合った女性が人妻だとは知らなかったのです。
こっちからは頼んでいないのに、自分の写メを送ってきてくれたりしたので、この人はひょっとするとサクラかもしれないというふうに警戒したことは事実ですが、自分のパートナーが人妻かもしれないという想像はなかなかできませんでした。

出会ったばかりの頃は「この人はサクラかもしれない、もしそうだったら諦めよう」と考えていましたが、実は女性のほうから積極的に、今度一緒に食事でも行きませんか?
というようなことを言われたので、「あれ? デートに誘ってくるということはひょっとしてサクラじゃないのかな?」というふうにも考えました。
でも、デートに誘ってくれたからといって相手の女性が絶対的に信用できる人だとは限りません。
最近は少し減ったのですが、美人局という可能性もまだ残っていたのです。
結局、食事をする当日まで私はかなり警戒していました。

でも、待ち合わせ場所に現れたのはごく普通の女性でした。
むしろ写真で見るより美人だったくらいです。
だから余計に戸惑ったんですけど、話しても別におかしいところはないし、さすがに私のほうが疑り深かっただけかとも思えてきたんです。

でも、いろいろと話していると、その人がどうやら人妻であることがわかったんです。
出会い系サイトを利用知り合ったときは大学生だと聞いていましたし、実際彼女は、見た感じでは大学生くらいに見えないこともなかったんです。
私が彼女の立場に気が付いたのも、単純に彼女がぼろを出したからで、彼女はどうやらばれるまでは大学生でごまかすつもりだったみたいです。
私が彼女に対して「結婚されてるんですか?」みたいなことを聞いたとき、彼女は慌てているように見えましたし、ごまかせないと思ったときにはがっかりしたみたいでした。

彼女が出会い系サイトを利用してセフレの募集を始めたきっかけは、自分より若い男性と思い切り楽しみたかったからです。
ところが、若い男性だったらやっぱり自分と同じ年くらいの若い女の子とお付き合いしたいだろうと考えたため、それでは人妻ということがばれるとセフレの募集が難しくなると判断し、大学生だと偽ることにしたそうです。
彼女の気持ちはなんとなくわかるのですが。

騙されたからというわけではないのですが、やっぱり僕としては元を取らせてほしいわけです。
直接的にエッチな言葉を使ったわけではないですが、これは取引みたいなもんですよね。
あきらめてあなたとお付き合いしますから、という言い方ではちょっと語弊があるかもしれませんが、セフレとしてお付き合いしてくださるんだったら別にいいですよという話をしました。

どうやら彼女は旦那さんとの関係があまりうまくいっていないようでした。
そういう理由で出会い系サイトを利用する人妻は、実際に多いのです。
出会い系サイトを利用して旦那とは別にセフレを探すということは、今のところは旦那と離婚するつもりなどは一切ないけれども、旦那とのセックスにはもう満足できないとか、あるいはもう長い子とセックスレスの状態だとか、いろいろと個人的な事情があるのです。

私はセフレとして彼女と関係を持ったので、彼女がどんな事情で出会い系サイトを利用しているのか、そういうことを詮索するつもりはありません。
言う必要のないことかもしれませんが、そういう個人的なことを詮索すると嫌われるのです。
出会い系サイトを利用してセフレの募集をし、ある女性とセフレとしての関係を持った場合、いろいろなことをいう人がいますが、やっぱりセフレの関係と恋人同士の関係というのは違うものだと私は思います。

個人的なことについてあれこれと詮索してはいけないのは、せふれであっても恋人同士であっても同じですが、セフレの場合はよりいっそう、そう言った個人的なことを詮索すべきではないと思いますね。
私はどっちにしろ、出会い系サイトを利用してセフレの募集をしていたわけで、あっさりと自分の目的を果たすことができて、本当にラッキーだったと思います。
確かに、出会い系サイト上の掲示板に書き込みをしてセフレを募集することは、リスクもあるかもしれません。
やはり一番気を付けるべきなのは、優良な出会い系サイトにも潜んでいる可能性のあるサクラの存在です。
だから私のように、知り合ったばかりの女性をすぐに信用しなかったのは正しい判断だと思います。