Skip to content

セックスのテクニックが磨かれる

実際、自分のセックステクニックを磨くためには、いろいろな女性とセックスするしかないですからね。男性が満足できるセックスと女性が満足できるセックスというのはやり方が全く違うため、いくら自分が頭の中で「理想のセックス」というものを思い浮かべたとしても、そのやり方で本当に女性を満足させられるセックスができるかどうかというのは分からないのです。

一番よくないのは、本当は女性を満足させられていないのに、女性がなんとなくセックスの時に喜んでいるように見えるから、相手の女性は満足してくれているんだ、自分に好意を持ってくれているんだというふうに勘違いをしてしまうことです。
基本的に女性は自分が思っていることをストレートに口に出していうことはしない生き物なので、セックスの際にも、なんらかの理由で「感じているフリ」をすることがあります。

例えば援助交際のパートナーとして付き合っている女性だったら、セックスという行為も男性に対するサービスなので、相手の男性を満足させるために(優越感を与えるために)本当はそれほど感じているわけではないのに、わざと感じている振りをすることがあります。

女性がセックスをする際に「感じているフリ」をする意図は様々ですが、ある女性向け雑誌のアンケートでは、セックスの際に「感じているフリをしたことがある」と答えた女性が何と六割程度にも上ります。これはある意味、世間の男性たちにとってはショッキングなデータではないでしょうか。

もちろん、女性がセックスの際に感じている振りをする動機は、相手の男性を立ててやろうという優しさから来ている場合が多いので、相手の男性に対して好意を持っているからこそ、セックスの際に感じている振りをするんだというふうに考えることも可能なのですが、実は、ぜんぜん満足できない相手といつまでもセックスをするのが面倒だから、早めに行った振りをして、もうこれ以上は無理だからと甘えてセックスを切り上げるという意図で感じている振りをしているという女性もいるのです。

やはり、感じているフリをさせているだけではだめなのです。本当に女性を満足させるセックスをするためには如何すればいいか、やはり女性とセックスしまくるしかないのですが、ただセックスをしまくるというだけではだめです。自分のセックスがいいか悪いかということをきちんと教えてくれる相手とセックスをしなければ意味がありません。

場合によっては男性がひどく傷つくということをわかっていながら、セックスがうまいか下手かということをはっきりジャッジしてくれる存在といえば、やはり人妻しかいないと私は思います。

SEXしてお金まで稼ぐ方法→逆援助アプリ 評判