Skip to content

好きなジャンルで出会う

無料でできるなら、という軽い気持ちでした

軽い気持ちで始めたのが返って良かったのかもしれませんが、今ではすっかり電話占いというものにはまっています。人間は結構誰だってそうだと思いますが、ただという言葉に弱いのです。ただだったら、それほど気がまえずに気軽に始められそうだからといって、前々から興味を持ってはいたけれども、楽しめるかどうかわからないからちょっとためらっていたようなことまでチャレンジできたりします。

私はもともと、電話占いというものを、出会い系サイトを利用して知り合ったセフレに教えてもらったんです。私のセフレはものすごく占いが好きみたいで、わたしが教えてもらった電話占いだけじゃなくて、例えばファッション雑誌にちょこっと乗ってるような占いとか、インターネットで検索できる十二星座占いとかまでまめにチェックしています。

私は最初、セフレと会うたびに占いの話ばっかりを聞かされて、正直なところちょっとついていけないなと思ったこともあったんですが、最近ではそんなセフレの話を聞くのが楽しくなってきました。私のセフレがここまでハマっているなら、ひょっとして占いっていうものはすごく楽しいのかもしれないなというふうに考えるようになったんです。

それで、セフレとの共通の話題がほしかったということもあって、あるデートの時に、せっかくだからおすすめの占いとか教えてよって、すごく気軽に聞いてみたんです。するとセフレが進めてくれたのが電話占いのサイトでした。私は占いのこととかぜんぜんわからないんですけど、セフレが進めてくれるんだったらやってみようかと思って、その占いを始めてみました。
始めるにあたって、難しいことは特に考えませんでした。

私のセフレが良くいっていることなんですが、占いを楽しむコツというのは、とにかく結果がどんなふうに出てもまったく気にしないことなのだそうです。それは、別に電話占いだけに限った話ではありません。どのような占いをやってみる場合であっても、結果にどれほど悪いことが書いてあったとしても、どうせ占いだからといって深刻には考えないことが一番いい方法なのだそうです。

彼女の場合、例えば一つの占いをチェックして、そこに書いてある結果が最悪だったとしても、そんなことは全然気にしないで、さっさとほかの占いをチェックしてみるのだそうです。占いを見て、悪いことが書いてあったからといって、それでもうすっかりやる気をなくして占いに興味がなくなってしまうという発想は、彼女にはないみたいです。

結果的に、複数の占いをチェックして、最もいいことが書いてあった占いだけを参考にするというのが、彼女にとって一番占いを楽しめる方法なのだそうです。彼女がいつもたくさんの占いをチェックしているのにはこういう理由があったのかなとしみじみ思います。

セックスのテクニックが磨かれる

実際、自分のセックステクニックを磨くためには、いろいろな女性とセックスするしかないですからね。男性が満足できるセックスと女性が満足できるセックスというのはやり方が全く違うため、いくら自分が頭の中で「理想のセックス」というものを思い浮かべたとしても、そのやり方で本当に女性を満足させられるセックスができるかどうかというのは分からないのです。

一番よくないのは、本当は女性を満足させられていないのに、女性がなんとなくセックスの時に喜んでいるように見えるから、相手の女性は満足してくれているんだ、自分に好意を持ってくれているんだというふうに勘違いをしてしまうことです。
基本的に女性は自分が思っていることをストレートに口に出していうことはしない生き物なので、セックスの際にも、なんらかの理由で「感じているフリ」をすることがあります。

例えば援助交際のパートナーとして付き合っている女性だったら、セックスという行為も男性に対するサービスなので、相手の男性を満足させるために(優越感を与えるために)本当はそれほど感じているわけではないのに、わざと感じている振りをすることがあります。

女性がセックスをする際に「感じているフリ」をする意図は様々ですが、ある女性向け雑誌のアンケートでは、セックスの際に「感じているフリをしたことがある」と答えた女性が何と六割程度にも上ります。これはある意味、世間の男性たちにとってはショッキングなデータではないでしょうか。

もちろん、女性がセックスの際に感じている振りをする動機は、相手の男性を立ててやろうという優しさから来ている場合が多いので、相手の男性に対して好意を持っているからこそ、セックスの際に感じている振りをするんだというふうに考えることも可能なのですが、実は、ぜんぜん満足できない相手といつまでもセックスをするのが面倒だから、早めに行った振りをして、もうこれ以上は無理だからと甘えてセックスを切り上げるという意図で感じている振りをしているという女性もいるのです。

やはり、感じているフリをさせているだけではだめなのです。本当に女性を満足させるセックスをするためには如何すればいいか、やはり女性とセックスしまくるしかないのですが、ただセックスをしまくるというだけではだめです。自分のセックスがいいか悪いかということをきちんと教えてくれる相手とセックスをしなければ意味がありません。

場合によっては男性がひどく傷つくということをわかっていながら、セックスがうまいか下手かということをはっきりジャッジしてくれる存在といえば、やはり人妻しかいないと私は思います。

SEXしてお金まで稼ぐ方法→逆援助アプリ 評判

若いころに恋愛を経験できなかったこと

私は人妻です、人妻ということで当然、旦那がいます。結婚したくてもできない人がたくさんいる世間の事情を考えると、私は結婚願望を持ってそれを実現することができたわけですから、十分な幸せ者だといえるかもしれません。

けれども私は、とてもじゃありませんが今の自分が満たされているというふうには思えません。結婚してからしばらくの間はしあわせでしたが、旦那と過ごす時間が長くなるにつれて、旦那との生活は、ひょっとすると私が望んでいるような幸せとは違うのではないかということに気づき始めました。

私が結婚したのは三十一の時ですが、はっきり言って、私はこのままでは結婚できないかもしれないというふうに、かなり焦っていたんです。女は若いころは誰だってそれなりにちやほやされますが、年を取るとちやほやされることもなくなります。
商品価値がなくなる前に(自分で言うのはすごく嫌なんですが)なんとか結婚相手を見つけたいと思って、でも私は普通に就職しておらず、写真家として自宅で仕事をすることが多いので、恐らく一般的な社会人よりもさらに男女の出会いのチャンスという意味では恵まれていないと思いました。だから婚活支援用のマッチングサイトを利用したんです。

そう言ったサイトを利用して、結果的には案外スムーズに結婚相手を見つけられた時は、こういうサイトをダメもとで利用してみて本当に良かったと思いました。けれどもすぐに、この結婚は私が望んでいたようなものではないということに気がついてしまいました。

共感してくれる人も多いと思いますが、いったん誰かと結婚した後で、「やっぱり結婚なんてするんじゃなかった」というふうに後悔するのってすごく嫌なんですよ。でも私はすごく後悔して、そもそもなんで私は、結婚したいと思っていて、結果として本当に結婚することができたのに、心が満たされないのか、その原因を真剣に考えることにしました。

そして一つ思い当たったのは、私の結婚は「婚活支援サイトを利用して相手を見つけた」という経緯があるので、結局のところ私自身は恋愛を経験していないのだということに気づき、そのことに私は不満を感じているのだというふうに結論付けました。

ALLジャンルの出会いが望めるレズの出会いもOKもオススメです!